草刈りはパパっと業者にお任せ〜ガーデニングのENJOY法〜

Man

剪定の重要性

樹木の美観と健康を保つ

Cutting grass

盆栽を趣味にしている人が枝ぶりを整えるために鋏をふるうことを剪定と言いますが、これは庭木など地面に生えている木の枝を切り落とす時にも使われる言葉です。用例としてはむしろこちらの方が古い可能性がありますが、ともあれ剪定とは樹木の枝を切ることで美観を整えることをいいます。 ただし剪定の目的はこれだけではありません。より実際的な理由で行われることもあります。たとえば特定の枝が病虫害に侵された場合です。放っておくと、他の健康な枝にも被害が及ぶおそれがあります。また果実のなる木の場合、枝があまりに多すぎると栄養が行き渡らなくなり、1つ1つの果実のできが悪くなることがあります。このような場合は選定を行うことによって、その樹木を健康な状態に保つことができるのです。

近隣トラブルの防止にも

また住宅地などにおいては、さらに違った理由で剪定が必要になることがあります。たとえば枝が伸び過ぎて日照をさえぎってしまう場合、隣家の上空にまで届いて落ち葉を散らしてしまう場合、路上にはみ出して電線に引っかかりそうになる場合などがこれに当たります。これらの場合にはすみやかに選定を行うことで、トラブルを未然に防ぐことができます。 剪定は自分の背が届くぐらいの樹木であれば自ら行うことも可能ですが、高さ数メートルといった大きな木の場合は危険を伴う作業となるため、専門業者に依頼するのが賢明です。専門業者であれば高度な技術を持っているばかりでなく、「忌み枝」に関する知識も豊富です。「忌み枝」とは美観を損ねたり木全体の成長を妨げたりするおそれのある枝の伸び方のことで、プロの間で代々受け継がれている専門知識です。